寒熟秋もみ茶 100g

『寒熟秋もみ茶』とは

寒熟秋もみ茶は、4/29~5/2に手摘みした茶葉を「中揉」まで終了した段階で、丁寧に取り出しマイナス28℃の冷蔵庫で保管。約5ヶ月経過した9月15日に当社あら茶工場で「精揉」以降の工程を行い、仕上げ工場で製茶をした限定品です。 昔から4月5月の新茶といえば「独特の香りと味わい」で人気ですが、ひと昔前までは秋口の気候が新茶の時期に似ていることから「秋に揉んだお茶は新茶に近い味わい」と言われ、隠れた人気商品でした。 近頃は「ひと夏寝かせて熟成したお茶」として再び脚光を浴びて、いろいろなお茶屋さんでも販売されています。 当社は「ひと夏寝かせた」だけでなく、半生の状態で保管していた茶葉を、秋に揉んでいますので、「揉みたて」の香りもお楽しみいただける「寒熟秋もみ茶」です。

お茶が出来るまで…。『寒熟秋もみ茶』製造工程

『寒熟秋もみ茶』は手摘み一番茶です。
4月下旬に丁寧に手摘みした新芽だけを原料にしています。

茶葉受入は事前に審査をパスした茶園のみ行う受入時にも検査員が茶葉の状態チェックし優良な茶葉だけを蒸す工程に回す。

茶の葉を蒸気で蒸す。

茶の葉の表面の水分を取り除きながら冷やす

粗揉機に入れ、熱風で揉みながら乾かす

茶の葉に力を加えて、水分の均一化をはかりながら揉む

茶の葉を再び熱風で揉みながら乾かす

茶の葉に熱と力を加え、形を整えながら乾かす

茶を十分に乾かす
(水分5%前後)

アルミ大海袋へ入れ、冷蔵庫で保管


5
商品コード:5

【秋冬限定】寒熟秋もみ茶 100g

商品カテゴリー: 5 季節のおすすめ商品 掛川深蒸し茶
付与ポイント:2%
在庫状態 : 在庫有り
¥1,290(税込)
数量